×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。



Chapter4:ブックマーク

大抵のブラウザには『お気に入り』『ブックマーク』の機能がついています。これは閲覧者のPC内でのことで、閲覧者のローカル環境下でのことです。
また、Yahoo!などのポータルサイトではオンラインブックマークのサービスを提供したりしています。
近頃はこれらのオン・オフどちらのブックマークに対しても何らかの制限を科そうとしているサイトが増えているように思います。
ここではそのことについて述べていきます。


お気に入りはINDEXで

大抵の同人系サイトではこう依頼・お願い・強制しています。
理由はChapter3:リンクの『リンクはINDEX』での項とほぼ同じですね。
私の意見もこの項で述べているものと変わりません。どこにブックマークしようが閲覧者の自由です。
でも何らかの理由があって管理人はそう依頼・お願い・強制しているわけなので、特に不都合がなければINDEXにしておくほうが無難でしょう。
偶に裏ページなどで『ここへのブックマークは禁止!』といってるサイトもありますが、基本的に管理人に禁止は出来ません。それでも管理人がしてほしくないことなので、もし管理人が気付いたらファイル名が変更になる可能性があることは承知しておいたほうがいいでしょう。(凄く見つけにくいページだったりするとブックマークしたくなりますけどね…)

管理人側としては『お気に入りはINDEXで』と依頼・お願い・強制しているのに他のページで登録されていると不快に思う人もいるかもしれません。依頼・お願い系の管理人は「まぁ、個人の自由だし仕方ないよね」と諦めがつくかもしれません。ですが、強制している管理人であれば、かなり頭にきて不快感は大きいでしょう。
ですが、管理人にブックマーク登録のページを強制することは出来ません。どうしても強制したい管理人は.htaccessなどでINDEXを経ない閲覧を弾く・INDEXに強制的に飛ばすなどの対策をまず採りましょう。閲覧者に何かを強制するのであれば、まず自分が出来ることをやってから要求しましょう


オンラインブックマークについて

一時期、同人系サイトにおいて『オンラインブックマークされると検索に引っかかる』という噂がまことしやかに流れ、『オンラインブックマーク禁止』の表記をするサイトが多数出ていました。

しかしながらこれは誤解であったことが現在では判っています。 オンラインブックマークについては『オンラインブックマーク総括』というサイトで詳しく説明されています。
ここではオンラインブックマークそのものの是非ではなく、『オンラインブックマークを禁止する』という行為について述べていきます。

私個人はオンラインブックマークを利用しています。パソコンがいつ壊れるか判らないこと、自宅以外でもネット利用することが理由です。ですが、『オンラインブックマークを禁止』しているサイトはブックマークしません。サイト管理人が『してほしくない』ことなので、しないということです。尤も、未だにオンラインブックマークを禁止しているサイトには2度と行かないというケースのほうが多いので別段不便を感じることもありません。
私は何らかの強制をするサイトには仮令作品が面白かろうが2度と行きません。大抵は強制する記述を見た瞬間にブラウザバックしています。

そもそも、このオンラインブックマークに関しても、管理人が強制することは出来ないのです。
大体禁止しているサイトは検索よけをしているケースが多く、検索されることを懸念しているのだと思います。ですが、オンラインブックマークされたことによって検索に引っかかることはありません
寧ろそこまで検索されたくない・検索経由でサイトを閲覧されたくないのであれば、検索サイトからの訪問を弾くなどの対処など、まずは管理人側で最大限の努力をしましょう。勿論可能な限りの対策をしているサイトもありますが、そういうサイトでオンラインブックマーク禁止を言っているところを私は見たことがありません。


ウェブメール経由の閲覧

ブックマークではありませんが、最近増えていると感じるのが、このウェブメール経由の閲覧です。
恐らく、自分個人のパソコンがなく、PCローカルのブックマークが使えない或いは家族共有のため同人サイトは登録したくない、という閲覧者が利用しているのだと思います。
稀にメール経由の閲覧者に対して不快感を示す管理人もいます。メール経由→どこかで自分のサイトが晒されている→荒らしだと早とちりをして警戒してしまうパターンのようです。
ですが、上にも書いたようにメール経由=晒しではなく、ブックマーク環境がない・利用できないという可能性があることを認識してくれればと思います。態々メールにURLを貼ってまであなたのサイトを見たいと思ってくれてるのですから。